ミッレミリアな裏磐梯キャンプツーリング
ママキャンプ場前を宝石のような車が激走!


今回のキャンプツーリングは、くろうさぎさんとタマ号さんの企画に乗せてもらっちゃいました。
行き先は裏磐梯にあるママキャンプ場。
自宅からだと70km弱で1時間半程度の近場ではありますが、初日のお昼まで地区の運動会の手伝いがあったのでちょうどよかったです。


10月11日(日)

13時ちょっとに自宅を出発し、途中猪苗代のスーパーで買い物をしてキャンプ場へ直行しました。
裏磐梯方面はミッレミリアの関係で渋滞しておりましたが、15時にはキャンプ場に無事到着。
既にくろうさぎさんとタマ号さんのテントが張ってあった(お二人は不在でした)ので、近くにテントを設営します。
このママキャンプ場は檜原湖に面しており、なかなか素晴らしいロケーションです。
炊事場とトイレは少し離れますが、ライダーなら一泊700円なのでおすすめです。

出発したときは少々風が強かったですが、キャンプ場に着く頃には穏やかな陽気となり、磐梯山もとてもきれいに見えました。
この眺めを独り占めしながら飲むビールは格別でございます。

ほんの少し釣りなんかをしながら待っていると、程なくくろうさぎさんとタマ号さんも到着。
3人でこのロケーションを楽しみながら宴会スタートです。

この時期は17時を過ぎると薄暗くなってしまいます。
今回はタマ号さんと私のカーバイトランプを灯しながらの宴会です。
タマ号さんのカーバイトランプは火口が2口タイプに換装されており、なかなかの明るさです。
いい雰囲気ですなぁ〜
酒を飲みながら爆笑(エロ?)トークに花が咲きます。

ある程度予想はしておりましたが、さすが裏磐梯といった感じで気温がぐんぐん下がっていきます。
簡易焚き火台で小さな焚き火を熾し暖をとります。

この日は我々の他に数組のキャンパーがいらっしゃいましたが、どのキャンパーも上級者といった感じで、とても雰囲気のあるいい夜を過ごすことができました。
また、ほとんどの時間帯で雲が少なく、満天の星空を拝むことができました。
その分、夜は冷え込みそうですが・・・


10月12日(月)

朝方は一度3時頃に寒さで目が覚めてしまいました。
最低気温は0.2℃!
どうりで寒いはずだ・・・

その後明るくなってきた頃に、くろうさぎさんが一足先に出発されましたが、寒さのためシュラフから出ることができず、お見送りを失礼させていただいちゃいました。

やっとテントから這い出してきたのが6時半頃でした。
パニアケースの夜露が凍っております。
雲がやや厚くどんよりしてましたが、湖面から立ちこめる朝靄がとても美しく幻想的でした。

タマ号さんと二人朝食を作っていると、遠くからいい感じの排気音が聞こえてきます。
ミッレミリアのスタートです。
そしてしばらくすると、だんだんとその排気音がキャンプ場の方へ近づいてきます。。。

なんと、ママキャンプ場の前の道が本日のコースだったようです。
この道はちょうど上りとなっているため、どの車両も素晴らしい排気音を響かせながら走っていきます。
さらに、奥のチェックポイントを通過した車が折り返し戻ってくるので上りと下りで2回楽しめちゃいます。
偶然でしたが、本当にラッキーな朝となりました。

その後、日が差すのを待って、テント等をある程度乾かしてから、のんびり撤収しました。
そのまま、檜原本村にある温泉目指して走りますが、到着してみると利用開始時間までまた50分近くありました。
タマ号さんと協議の上、大塩温泉へ行ってみることにしたのですが、なんだかいまいちな感じだったため、喜多方ラーメンに予定変更♪

じゃーん、坂内のラーメンでございます。
10時半頃店に到着したのですが、既に行列ができはじめていました。
それでも待つこと20分ぐらいでラーメンにありつけました。
しばらく前に坂内のラーメンを食べたときはやたらとあっさりしすぎていて、あまりいい印象は無かったのですが、今回は美味しくいただくことができました。
全国的に有名な名店なので考えにくいことではありますが、味が変わることもあるのかなぁ〜

店を出ると長蛇の列。。。
早い時間にやってきてよかったなぁ〜
こんな行列だったら私は絶対に並びません・・・

坂内食堂から後はタマ号さんに案内していただき、今年の8月にオープンしたばかりという道の駅ばんだいへやってまいりました。
オープンして間もないためか、かなりの混雑でしたが、バイクには関係ありません!
係の方に誘導してもらって即駐車。
あ〜こういう時もバイク乗りとしての幸せを感じてしまいます(笑)

ここでは磐梯町産有機玄そばを使用している、そばソフトをいただきました。
食べてみて最初に思い浮かんだ感想は、甘さを抑えてさらっとしたモンブラン。
ほどよい甘さと少しだけざらっとしたソフトクリームでなかなか美味でございました。
これならまた食べたいと思えるソフトクリームです。


その後は湖南町を抜けて、アウトレットセールをやっていたWILD1をのぞいてから解散となりました。
途中、三森のトンネルで目玉が飛び出そうなトラブルもありましたが、今回も天候に恵まれ素晴らしい旅を満喫して帰宅いたしました。
くろうさぎさん、タマ号さん、お世話になりました〜
年内にもう一回ぐらいキャンプツーリング御一緒したいですね!



どりくらへどりくらツーリングレポートへ