上小川キャンプ場パート27
KLX125リコール改善対策へ


先日帰宅するとカワサキから一通の手紙が届いておりました。
「プラグキャップの材質が不適切なため・・・」
ありゃりゃリーコルですかい。
販売店で対策品に交換してもらうようにとのこと。
あのぉ〜販売店(茨城県古河市)って自宅から160km以上も離れてるんですけど・・・。


11月8日(土)

リコール対策のためだけに往復320kmも走るつもりは当然ありません。
キャンプツーリング兼ねて、帰路は上小川で一泊させていただくことにしました。

高速使えないので国道4号線を延々と南下します。
天気は悪くなかったのですが、さほど気温は高くありません。
ホットコーヒーがありがたい。。。

結局3時間半程かかり古河の販売店さんに到着しました。
対策品への交換は僅か5分!
ふぅぅぅ。

KLX125での旅は200kmを超えるとだんだん修行になってまいります。
上小川に到着した頃には走行距離が260kmを超えお腹いっぱいです。

管理人さんにご挨拶に伺うと、「今夜は雨降るかもしれないから、よければバンガローをどうぞ」とのお言葉。
そういや今まで上小川キャンプ場のバンガローって泊まったことがありませんでした。
お言葉に甘えて今夜はバンガロー泊決定♪
あれ?これってキャンプツーリングって言わないっすか?

お借りしたバンガローは6畳程の広さで一人で寝るには十分すぎるくらいです。
天井が少し高いですが、フジカハイペット1台あれば暖房も間に合いそう。

バンガローの目の前には屋根、炊事場等完備されていてとても便利に使えます。
焚火をしながらいい感じに酔っ払っていきます。

水を入れて煮るだけのモツ鍋に最後はうどん投入。
一人だと晩御飯もこんなもんです。
暖かいものが美味しい季節ですねぇ〜

この日はほぼ無風のためか、ちょっと油断していると焚火が落ちちゃいそうになります。
お陰で結構忙しく退屈しないですみました。



11月9日(日)

バンガロー泊で朝までぐっすり快眠。
テント類の撤収が無いのでとても楽でした。
帰宅後に野暮用があったのでホント助かりましたよ。


えっと、今回は上小川におじゃましたにもかかわらず、テントを設営しない旅でございました。
でもたまにはこんな旅もいっか・・・。


どりくらへどりくらツーリングレポートへ